読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsuyuhasuのブログ

TobyFoxにソウルを売った男のブログ

flowey戦

初めまして露蓮と申します。

気軽につゆさんとでもお呼び下さい。

初のブログなので編集ミスが多いと思います。極力直していく所存なのでよろしくお願いします。

 

タイトルの通り今回はomega flowey戦の考察です。数分お付き合いください。

 

ル の い ろ 

文字数を6文字にしたいがために平仮名にしたら稚拙になった見出しはとりあえず忘れてfloweyが放ってくるソウル攻撃 について最初にまとめておきます。

最初のは水色のソウル

続いて、橙色のソウル

そしてと続きます。

 

今までの戦いなら

  • 水色は動いていれば被弾

(DoggoやPapyrus等で登場)

  • 橙色は止まっていれば被弾

(Asgore、ビーム攻撃等で登場)

  • 青色は重力効果を受ける

(Sans戦、Papyrus戦)

  • 紫色は反復横跳びみたいになる

(Muffet戦)

  • 緑色は向いた方向を防御(それと回復)

(Undyne戦)

  • 黄色は弾が撃てる

(Mettaton戦)

となっていましたね

 

次に攻撃内容です

  1. ナイフ攻撃
  2. グローブ攻撃
  3. 靴で攻撃
  4. ノートから文字で攻撃
  5. フライパンで攻撃
  6. 銃で攻撃

 

……?

あれ?待って下さい。ナイフといいグローブといい、身に覚えがございませんか?そうです……

今まで手に入れた武器なのです

 

では次にどこで武器が手に入るかまとめてみるとしましょう。

 

  1. Ruins
  2. Snowdinのshop
  3. waterfall
  4. Gersonのshop
  5. hotland
  6. BrattyとCattyのshop

 

そしたら対応するであろう防具も挙げてみましょう。

 

ナイフ は リボン 

グローブは バンダナ 

シューズは チュチュ

ノート  メガネ

フライパン は エプロン

銃 は カウボーイハット

 

どれも近くで手に入りますね?

そしてどの武器もソウル攻撃の特徴と一致していますね?

ソウルは相手を殺さないと奪えないんですよね?

 

 

 

 

 

………

 

お気づきの方も多いかもしれません。

恐らくこれらの装備は

過去に地下で殺された人間の遺品

だと思われます。

ソウルの主は殺されたもののその主の特徴を色濃く残していたのでしょうか?

主人公はそんな遺品を身につけ地下を歩いていたのでしょうか。

 

 

さあゾッとしたところで今回はここまでとしましょう。

妄想まがいの考察にお付き合い頂きありがとうございました。

それではまた今度。