つゆはす的備忘録

TobyFoxにソウルを売った男の末路

ドキドキ文芸部をプレイして(感想)

どうも、つゆはすです。

ドキドキ文芸部ことDDLCを先日(というか昨日)プレイしたのでそれについてご報告します。

以前から恋愛ゲームの皮を被った話題作と耳にはしていたのでもう我慢できずにやりました。

まだ未プレイでこのゲームについてほんの少しでも興味があるならマジでこの先は見ないで。お願い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では早速感想を。

以前、友人がプレイしてガチ泣きしたと聞いていてもたってもいられずプレイを決意。

サヨリ

Steamのタグに「精神的恐怖」があったのである程度は身構えてはいました。

いたのですが卒業式を終え、虚無感に囚われていた僕は即座にこの世界に取り込まれました。

ええ、何も考えずに、何の違和感もなしにただの恋愛ゲームを楽しんでいました。まんまと乗せられました。

それどころか「詩からキャラクターの性格や考え方が伺える、こんなキャラの立たせ方があるのか……」と感心してすらいました。

途中でサヨリが重度の鬱病であることがわかりクッッソ不穏な空気が流れましたが、もう僕は駄目でした。シナリオがズルすぎます。

「製作者側がこちらをサヨリルートに誘導しまくってきている」

のですから。

私が言いたいことはわかるでしょう、完全に気を抜いた文化祭当日。サヨリの部屋の扉を開けるとあら不思議。突如として血まみれの首吊ったサヨリです。宙ぶらりんです。

ふざけんなよ。ガチでふざけんなよ。

その時の僕と言ったら、まずマウスを持ってる右手が痙攣。頬杖ついてた左手が完全に硬直、足もなんかしびれが途端に出てきました。

僕は以前ツイッターで「何はともあれプレイ中に鳥肌が立つゲームは神ゲー」と発言していました。んなことあるかと僕はその時そう思っていました。

ユリ編

スタート画面に戻るとなんかサヨリがいたところが何やら面白おかしい事になっていました。正直やりたくなかった。でもこの際最後までやるしかないと覚悟を決めて文字化けした何かをクリックしました。

ここからはもうホラー全開。始めの明るい雰囲気はどこへやら。バグ演出が出るたびクソクソクソビビりながらも話が進みます。 突然フォントが太くなったり、なんか途中でナイフでリスカしてるところを目撃してしまいバイツァ・ダストされたり、選択肢を選ぼうとしてもなんかズームするだけでその内モニカが出てきたりでどんどん話が狂って行く中、僕は発狂状態にありました。特別な詩を読みますかと聞いてはいを押したらなんかただのバグった画面を見せつけられた時はマジギレしました。

この辺りで僕はあることに気付きます。「モニカの立ち絵だけこっちをガン見してる」ということに。他のキャラはちょっと横目だったりするんですが、モニカだけ真正面からこちら側を見てるんですよ。その時からなんかこいつ怪しいなとは思ってました。

極め付けはナツキがこちら側についたと思えば突然フォントが太くなる。そしたら「モニカだけ」ときた。こいついよいよ怪しいぞ。

そうして行くうちにユリがジャパニーズハラキリを遂行。その場にふさわしい言葉が出てこず僕はただただ「オォウ」しか言えませんでした。そしてその後二日分の人の死体が劣化して行く様を見せつけられます。アハ体験。

人が入ってきて、ナツキがリバース。本当にただただナツキが可哀想なだけでした。

そして唖然としていたら、窓の外が宇宙空間でモニカがこっちをガン見しながら頬杖してるシーンにやって来ました。

そしてつゆはすと名前をつけたはずなのに俺はモニカにあろうことか本名で呼ばれました。ちびった。

ですがその内モニカに対する憎悪は同情へと変わっていきました。

詩を作る際には三人しか好感度を上げることは出来ないんですよね。単語を選んだ際に飛び跳ねるキャラはサヨリとユリとナツキ。そこにモニカは含まれていません。どうあがいたとしてもモニカのルートには入ることができないのです。

(CGもモニカだけラストの一枚だけ)

つまり彼女はどうあがいてもこのゲームのヒロインにはなれないのです。

……話が逸れました。これらの演出により彼女を「こちら側に気づいてるキャラ」、UndertaleにおけるSans、ではなく「こちら側の人間」Undertaleにおける一人目、であることをより僕に印象付けました。

そして何より切ないのは彼女は1番最初の会話でキャラクターファイルの開き方を事細かに、つまりプレイヤーの裁量によって「いつでもモニカを削除できる」ことを伝えます。最初からその方法に気づいていながらもモニカを削除するのは気が引けました。30分ぐらい会話して、苦渋の末にまあ削除したんですけどね。

もう一度ゲームを開くとそこにはモニカがいないドキドキ文芸部がありました。その時の僕は嬉しくはあり、それでいて何か悲しい気分のままゲームを再開。

サヨリがしっかり起きてます。モニカが付加した「重度の鬱病」という設定が消えているためです。感動しました。

そしてその時僕は日常を確信しました。ええ、サヨリがなんかおかしくなるまでは。その時の謎のテキストボックスが僕を守ってくれます。名前は出て来ませんでしたが僕にはその主が誰であるかなど考える余地もありませんでした。もう激アツでした。

そうしてゲームは終了。突然謎の音声が流れだし、ピアノという語句によりその音声の主がモニカであることがわかりました。お前そんな声してたのな。

エンディング曲、とにかく切なかったです。そして最後にモニカからの手紙。

最後に思ったのが、これは恋愛ゲームの皮を被った恋愛ゲームです。 「ゲームの中の少女」と「ゲームの中の主人公」の物語がいつの間にか「自分」と「モニカ」の物語になっていました。

思ったことを書き連ねたためこんなクソ長いブログになっちまいました。許して下さい。

P.S. 全CGを見た上でのエンディングを迎えました。本来はサヨリが第二のモニカとなるシーンで、突然サヨリがありがとうと言いだしセーブとロードを認知したような発言。そして感謝。最後はモニカの歌で終わるのですが、その後に表示される手紙も原作者からのものに変わっていました。泣きました。今度はずっとモニカと話してみようと思います。

 

 

それでは。

f:id:tsuyuhasu:20180317153300j:image